注文住宅の建設を成功させたい!知っておくべきポイントなどを分かりやすくご紹介

注文住宅は自分の希望を明確に伝える事が、満足いく夢のマイホームを実現させる事の一歩になります。
費用が高いと思うから言わない、恥ずかしいから言わないというのでは、建売の無難な住宅を購入するのとあまり変わらなくなってしまいます。
色々な方の住宅を見てよかった点や、こだわりを色々と確認する事で、家族の全員の夢を叶える事になります。
成功する為には、営業マンや設計士さん、デザイナーに気軽に質問をしていく事が重要です。

注文住宅の建設を成功させたい!知っておくべきポイントなどを分かりやすくご紹介

注文住宅は、同じメーカーであっても、設計士さんが最初から図面を引いてくれることがポイントになります。
これは、自分の生活スタイルや趣味の道具などを十分に活かせる生活をする事が出来る様になります。
成功のカギとしては、まずデザイナーさんや設計士さんに自分の夢の様なマイホームを伝える事がポイントです。
これにより、予算の範囲を伝える事で予算内では、どの程度の施設を追加する事が出来るかを説明してくれます。
注文住宅は、色々なニーズを叶えてくれます。

注文住宅とはどんな特徴がある家なのか

土地を購入して、好きな家を建てたいと思ったら注文住宅を建てることになります。
すでにで建物が建っている住居を購入するのであれば、それは建売住宅です。
この建て売りと注文での大きな違いと言えば、自分で本当に一から作り上げる事が出来るかどうかであると言えるでしょう。
まず、注文住宅ではカーテン生地のデザインだけでなく、壁紙の素材やデザインまで決めなければなりません。
このように注文住宅とは、自分が住みたいと思っている家を実現するためにハウスメーカーとともに創り上げていく必要があるのです。
ですから実際に家を建築するハウスメーカーを選定する際にも、本当に自分が住みたい家を建築できるのか、そしてそのためにはどのくらいの費用が必要なのかという事を、しっかりと把握しておくことが大切です。
注文住宅とは金額が高くなることも多く、打ち合わせなどさまざまな苦労があるのですがその分建売住宅に比べて違う良い意味での特徴があると言えるでしょう。

注文住宅の建設を依頼する業者は複数のところから見積りを取ろう

注文住宅を購入する際には、ハウスメーカーであったり工務店など業者を選ぶことからスタートすることになります。
どこの会社を選ぶかで、仕上がりは格段に違ってきますし、費用もばらつきが出ることが想定されます。
一番重要となるのが予算に合った金額で作れるかということも有りますし、同じ内容であれば出来るだけ安い方が良いという考えの方は多いのではないでしょうか。
まずは見積りから依頼することになりますが、一つの所で即決することはお勧めできません。
注文住宅を受け入れている所は沢山ありますが、その中でまずは口コミ評判であったりランキングなども参考にしていくつか選んでいきます。
そして見積りの依頼となりますが複数で出すことをお勧めします。
その際出来るだけ条件は統一してだしてもらうようにします。
そうしないと額にかなりばらつきが出てしまうことになるためです。
最終的には料金だけではなく、総合的に判断をして決めていきましょう。

注文住宅で必要になる自己資金はいくらなのか

いざ注文住宅を建てるとなった時に、自己資金は一体いくらくらい必要なのかを悩まれる方も多いのではないでしょうか。
注文住宅の購入金額で一番多い価格帯は2000万円台。
次いで3000万円台と続きます。
一般的な頭金の金額としては、2割ほど用意するのが理想です。
つまり、2000万円の注文住宅の場合400万円ほどの頭金を用意できれば一先ず安心と言えます。
そしてこれ以外にも諸費用を現金で用意しておく必要があります。
諸費用とは、銀行に支払うローン事務手数料や不動産会社に支払う仲介手数料、そして登記費用などです。
これらの費用は、およそ物件価格の1割ほどと言われています。
これだけ見ていくと、およそ物件価格の3割ほどを自己資金として用意しなければならないことになります。
ただし、最近ではこれらの費用も含めて住宅ローンを借りることが出来る、フルローンのプランなども銀行によっては用意されているので、必ずしも資金を貯めなくても家を建てることは可能です。
ただし、フルローンの場合は、銀行の審査が厳しめになることや総返済額が増えることなどは予め頭に入れておかなければなりません。
これらを鑑みて無理のない資金計画を立てたいものです。

注文住宅で利用するローンの正しい組み方

注文住宅を建てる時には、自己資金だけでは足りないので銀行から借りる人がほとんどです。
ローンの正しい組み方として、まずは金利と毎月の返済額を試算しなければなりません。
借入額と金利から月々の返済額を計算し、その額が妥当かを判断するのですが、変動金利にすると返済期間中に額が変わりますので注意が必要です。
借入時の金利がそのまま維持されて変動しないタイプは固定金利といい、低金利のタイミングなら固定にした方がお得です。
返済期間は、長ければ長いほど月々の額は安くなりますが、トータルで返す額は高くなります。
返済方法についても確認しておくことがあり、元利均等返済にすると毎月の返済額が一定になり、元金均等返済にすると元金の返済額が一定で、そこに利息を加えた金額を返済していく方法です。
注文住宅は高額になりますので、これらを踏まえたうえでできるだけ負担の少ない方法を選ぶ必要がありますし、金利以外にも手数料は要チェックです。

注文住宅で起きやすいトラブル

注文住宅で起きやすいトラブルは、着工から引き渡しまでの工期が遅れることです。
着工日と引き渡し日は事前に決めてあるため、本来であればそのスケジュール通りに進めなければなりません。
工期の平均期間は4ヶ月程ですが、天候や天災などの状況により計画が狂ってしまうこともあります。
そういったことがない限りは最初の計画通りに進むことが多いですが、進み具合が心配な時や遅れているのではないかと感じた時は、進行具合を確認しましょう。
工期以外で注文住宅で起きやすいトラブルは、施工ミスや設備の不具合、図面と仕上がりが違うなどです。
実際に住んでみたら、傷や汚れ、色むらなどの手抜き工事や施工ミスがあったり、水回りの不具合や玄関や窓などの取り付けに問題があったなどのケースも。
住んだ後に施工ミスなどを発見し、やり直すことになると手間が非常にかかるため、引き渡し前にしっかりとチェックしておきましょう。
また、着工後に近隣住宅と揉めてしまうということがあります。
施工中に発生するホコリや騒音などの問題で揉めないように、近隣住宅への挨拶もしっかりしておくことが大切です。

注文住宅では地震対策やセキュリティなどの安全性も大事

注文住宅を建てる時には住宅の外観や内装、各種設備機器に注目することが多い傾向にありますが、安全性を高めるための対策に関しても目を向けることは非常に重要です。
国が定めた耐震基準がありますが、それ以上の耐震性を発揮する構造やパーツ類の活用の他、地盤に対しての強化対策もしっかりと契約前に確認することは必須です。
地盤は専門家による調査が行われ、弱ければ薬剤や杭打ちの方法で強くする方法があり、建物側でも強化金具を多用する方法でも対応できる注文住宅にすることは欠かせません。
後はセキュリティの問題もあり、防犯性も十分に高めておくことも忘れずに依頼したい内容です。
玄関ドアは最新式の電子キーに対応させたり、窓ガラスは防犯ガラスを採用する方法、防犯カメラの設置や夜間だけ作動する人感センサーの照明器具を導入する方法であれば安全性をもっと高めることに成功します。
もしも死角となる部分に窓ガラスが取り付けられている設計では、金属製のフェンスを屋外からは外せない施工法であればセキュリティ能力を引き上げられます。

注文住宅で快適に生活するために参考にしたい間取り

注文住宅で快適な生活を実現したいなら、間取りを参考にしながら検討したり決めるのが良いのではないでしょうか。
家は生活パターンの異なる家族が一緒に生活をする場なので、それぞれのパターンだけでなく、総合的に検討して間取りを考えていくことが大切です。
朝はトイレや洗面が混雑しやすいですから、バッティングしたり滞りが発生しないように、動線も含めて検討することをおすすめします。
朝以外にも、例えば帰宅してから洗面所に向かい、自室で着替えて食事、あるいは入浴といった行動パターンがあります。
このように、パターンを一連の行動で考えて部屋の位置や距離を考えて設計に盛り込む、これが注文住宅の検討において重要な視点です。
しかしイメージと実際は常に合致するとは限らないので、見学できる住宅に出向いて、移動してみながら参考にするのがおすすめです。
注文住宅は選択肢が豊富で自由度が高い分、一度悩み始めると結論が出るまでに時間が掛かりますが、実際に出向ける住宅を見て参考にすれば、早く快適な住宅の実現に繋がるのではないでしょうか。

注文住宅は事前に十分なリサーチをしてから決める

注文住宅を決める際には、自分のこだわりを実現できるか・プロとしての意見を述べてくれるか・しっかりと打ち合わせをしてくれるかなどのポイントを事前に十分リサーチしてから選ぶことが大切になります。
注文住宅は、どの会社であっても注文できる範囲が同じというわけではなく、住宅の構造を考慮してみても木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造などの区別があったり、同じ木造であっても柱や梁で組み上げていく在来工法や木製のパネルで壁を構築していくツーバイフォー工法などさまざまにあります。
こういったさまざまな工法全てに対応できる注文住宅の会社はほとんどなく、工法によって得意・不得意があるのが一般的となっているので、注文住宅を決めるときはホームページなどでこれまでに建築した住宅の履歴を事前にリサーチし、自分がこだわりたいものを実現できそうかどうかを判断してから選ぶことが重要になってきます。
理想的な選び方としては、業態による違いをしっかり把握し、それぞれの会社の得意・不得意をおさえることがポイントといえます。

注文住宅は維持費のことも考えるべき

注文住宅は一からデザインや間取りを決めて建設する住宅で、間取りやデザインから設置する設備まで細かく決める事ができて、オリジナルの住宅を作り上げる事ができます。
自由度が高い分だけ内容と予算を見比べながら詰めていきますが、どうしても注文住宅を建設する前の段階ではどのような住宅を建ててどのくらいの建設コストがかかるかという点に気を取られがちです。
しかし住宅は長く済むほどにメンテナンスなどが必要になってくるので、維持費も考え置かないといけません。
建物の構造や設置する設備によって、将来にむけてかかってくる維持費は大きく変わってきます。
後になって想定外のコストがかかって慌てないように、建設前にこの内容で建てた場合にはどのくらいのメンテナンス費が必要になるか把握するべきです。
初期の段階で構造や設備から10年後や20年後に平均でどれほどメンテナンスにコストがかかるか試算できますが、平均的な耐用年数よりも短くなる可能性もあるので、余裕を持っておく事が大切です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅建設を成功させたい!

注文住宅は自分の希望を明確に伝える事が、満足いく夢のマイホームを実現させる事の一歩になります。 費用が高いと思うから言わない、恥ずかしいから言わないというのでは、建売の無難な住宅を購入するのとあまり変わらなくなってしまいます。 色々な方の住宅を見てよかった点や、こだわりを色々と確認する事で、家族の全員の夢を叶える事になります。 成功する為には、営業マンや設計士さん、デザイナーに気軽に質問をしていく事が重要です。

Search